カテゴリ:自閉症( 27 )

案ずるより産むが易し

f0121786_21141219.jpg



今春から高校生(特別支援学校)になった長男
昨年の夏休みの猛特訓?のおかげか乗れるようになった自転車で通学です
もっともスタートに難がある為アシスト付自転車ですが・・・

それでも心配で仕方が無かったのです
でも本人ケロッとして通学してます

やらせなきゃ出来るようにはならない・・・分かっちゃいるんだけどね
[PR]
by A_J_Pacile | 2015-05-11 00:00 | 自閉症 | Comments(2)

特別支援学校

f0121786_202815.jpg



先日特別支援学校へ見学へ行ってきました
中学卒業後の進路決定のための一環です
とはいえ発達障がい児にとって選択肢はあまりに少ないのが現状ですが、その中でベストと思える選択をしなければなりません

特別支援校では高校卒業資格は得られません
なにしろカリキュラムがほとんど作業ばかりです
地域から委託された仕事を黙々とこなしていました
昨年度が最初の卒業生だったのですが就職率は100%だったそうです

目標は自立した大人・・出来る事なら税金を払える大人になってもらいたいのです
その点においてはかなり好印象なところでした

ちなみに定員は一学年18名
かなり狭き門のようですが、学年によっては定員割れしてる学年もありました

市内中学校だけでも10校で1校あたり各学年に最低でも4、5名発達障がい児がいるはず・・しかも近隣の市からも通ってる子もいたのに定員割れ?
その他の子供達はどこに進学しているのだろう?

親にとって高校卒業資格は最低でもクリアしたいものだろうか

次は発達障がい児を受け入れている学園を見学に行く予定です
ここは高校卒業資格を得る事が出来るそうです
[PR]
by A_J_Pacile | 2013-07-18 20:42 | 自閉症 | Comments(0)

お粗末

f0121786_127150.jpg



維新の会の大阪市条例案の中で「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる」といった記述に対し大きな騒ぎとなりました

すでに条例案を白紙撤回していますが、こんな騒ぎが起こる事自体が自閉と言う障害を社会が理解していたいのだなと感じます

橋下市長の「発達障害の子どもを抱えるお母さんに、愛情欠如だと条例が宣言するのはちょっと違うのではないか」なんて中途半端な発言は要らない
今や絶大とも言える発信力をもって「発達障害は先天性のものであり、社会全体で支援する必要性を強く感じる」てなくらい言ってもらいたかったな
[PR]
by A_J_Pacile | 2012-05-08 12:29 | 自閉症 | Comments(6)

レベル


f0121786_22384046.jpg


家の長男は運動が極端に苦手だ
小学校6年生なのだけど、体育の授業はまるっきり付いて行けない
なので自閉級で体育の授業を受けることも珍しくない

先日は自閉級の先生が体育の授業を見れなくて(自閉級には他の学年の生徒もいるので付っきりってわけにはいかない)普通級で体育の授業を受けた
しかし普通級では授業の際の並び順が決まっていて、長男が入ることにより他の子達が混乱し授業始まりまでに並べていなかったそうだ

先生は並んでいない事を問うたのだけど、子供達は長男に気を使ってか返事が出来なかったそうだ
そのこと(理由を言わない)で先生が子供達を叱ったのです
最終的には子供達も説明をして先生も納得したのです

でもその日の夜、長男はお風呂の中で「僕が入ったからみんなが叱られたんじゃないか・・・」と気にしていました

親の立場からすると、もっと気を使って欲しいのが本音です・・・が、体育の授業にまるっきり付いて行けてないもの事実
まるっきりの素人がプロスポーツ選手の練習の中に入れられているようなもん
その人に合ったレベルでの練習のほうが良いかと思う

そんなわけで長男の体育の授業は、自閉級のスケジュールに合わせて行うことになった
レベル的にはそれでもハードかもしれない
ちなみに長男の縄跳び(一回転一跳躍)の目標回数は40回である
[PR]
by A_J_Pacile | 2011-04-26 22:57 | 自閉症 | Comments(0)

発達障害児のための高校

f0121786_2247898.jpg


発達障害児のための高校が来年度10月からモデル事業として開校するらしい
なになに・・・生徒たちは通信教育を利用しながら、現地で週1回、対人関係の対応を学ぶトレーニングや農業などの実習体験を受けるなどして・・・

ちょっと待て、基本的に通信制なの?
なんか違うと感じるんだよなぁ

地元の学校でみんなの中で”出来る事は”一緒に学んで、上手く出来ない事は補助してもらったりして頑張ってもらいたいと思っている
それで週1回程度 その学校で対人関係の対応を学ぶってふうにはいかないんだろうか
高校って小さな社会で発達障害児に対応出来ないんじゃ、この実社会で発達障害者が自立して生きてなんかいけないと思えるのだけど・・・
[PR]
by A_J_Pacile | 2011-03-02 23:07 | 自閉症 | Comments(0)

競争

f0121786_2111248.jpg


先日 杉山登志朗先生の「思春期における発達障害の理解」という講演を聞きに行きました
最後に質問コーナーがあって、かねてから聞きたい事があったので質問させてもらいました

浜松に発達障害児の為の高校が出来るそうだが、発達障害児だけを集めての高校をどうお考えでしょうか?と
小学校や中学校のように地元の高校に発達支援級を作って対応では駄目なのか?と

先生曰く
障害児を集めた専門学校はあって、実は就職率が相当に良いとの事
社会に出てのスキルを学ぶ為の高校であれば、それは有意義ではないかと・・・
ただし、就職率が良いので入学希望者が殺到して、入学倍率は6倍とか7倍とか・・・


少し複雑な心境
障害を持った人にも住みやすく・・とか、障害を理解して・・・とか言ってて、息子にも「出来なくたっていい、自分なりに頑張ればいい」と言ってるくせに、家の息子もそんな高校なら入学させたいと考えている
つまりそれは・・・他人を蹴落としてでも入学させたいというわけで・・・言ってる事と矛盾してねーか・・・と
[PR]
by A_J_Pacile | 2011-02-21 21:29 | 自閉症 | Comments(2)

モンスターペアレント


f0121786_20215392.jpg


モンスターペアレントってさ、先生側からの視点でしか見てないよね
例えば信頼できない人に自分の子供をあずけられる?それは無理だよね
どんな対応がとられるのか気になるよね?だって信じてないんだからさ
場合によって普段ならスルーするところに喰い付いたりしちゃうこともあるかもしれない・・だって信じてないんだから
「不信感」きっとこれがモンスターペアレントの最初なんだろうな

社会科見学は奥さんがやり合って、生活単元の授業として受けて、奥さんも一緒に付いて行く事になりました

結局元の計画に戻っただけじゃないか
なら最初から「実は規則で社会科見学は行けないのですが、生活単元として参加してもらいます」って言ってくれれば、実に信頼出来る先生だって印象なのに・・・・
余計な事すっから、モンスターペアレントと使えねー先生が誕生しちまったじゃねーか
[PR]
by A_J_Pacile | 2010-10-08 20:35 | 自閉症 | Comments(6)

邪魔者扱いか?


f0121786_21481258.jpg


先日の林間学校の件でも感じたんだけど、うちの子は邪魔者扱いなのか?

来週に社会科見学で自動車工場へ行くのです
その日は自閉級担任の先生が病院へ行かなければならない日でもあります
それで以前から、奥さんが一緒について行くと言う事で、自閉級担任と社会科担任の先生とで話し合っていたのです

それがですよ教頭先生が「ご家庭の負担になるでしょうから、お母さんは来なくてもけっこうですよ」
ここまでなら「学校で対応してくれるんだな・・・」と思うのですが、続きがあります。
「随行の先生が一人なので、〇〇君(家の息子)は学校で自習させます」

なんだそれ?
先生が一人で大変だろうから、うちの奥さんが一緒に行こうか?って話なのに・・・・

色々ぐちゃぐちゃ言ってたよ
担任の先生が一緒に行けないから連れて行けない・・・とか
社会科見学は社会科の授業だけど、随行の先生は〇〇君の担任では無いから社会科の授業としては連れて行けない・・・とか
どうしても来ると言うのなら、生活科の授業として出てもらう・・・とか

ならば言いたい
林間学校では息子の担任も行く事になっている
なのに何故、手が足りないからしっかり面倒を見れないかもしれないと言うのか
社会科の先生は社会の授業しか見ないのか?
ならば自閉級担任の先生は自閉級の児童だけ見れよ
林間学校で手が回らないは言ってる事がおかしくないか?

自閉級の担任の先生も普通級の先生も、息子の事を親身になって対応しようとしてくれてる
なぜにそれを邪魔するような事を言うのか・・・不信感でいっぱいであります

先生の仕事ってのは、体裁を保つ事や規則に縛られる事だけではないはずだ!!
[PR]
by A_J_Pacile | 2010-10-07 22:10 | 自閉症 | Comments(14)

林間学校

f0121786_194318.jpg


長男の林間学校での対応について話し合ってきました
林間学校といえばウォークラリーとか、みんなと一緒に森の中で活動する事が多いのでしょう
職員の数が足りず長男坊に付きっ切りでの対応は難しいとの事、さらに宿泊は大丈夫なのか?と



まてまて、昼間対応出来なくて、夜も対応出来ないとなると、それは「来るな」と言ってるのか?
いや確かに以前「宿泊は難しいかもしれない」とは言った

奥さんはいっその事林間学校は辞めてしまおうかとも言っていたが、同級生達と宿泊するなんて、この先修学旅行くらいしかないぞ
せっかくだしよい経験になると思うので宿泊体験をさせてやりたいと思う

と言う事で、昼間は奥さんがお手伝いとして林間学校へ行って、夜は宿泊すると言う事になりそうです
発達障害特別支援とは言うけど、先端である学校でさえ手が足りないと言う
当然学校で手が足りないのですから、社会ではまったくといっていいほど手は足りていません
あと10年もしたら長男も社会へ出て行かなければならないのだよ
[PR]
by A_J_Pacile | 2010-09-27 19:18 | 自閉症 | Comments(4)

ハンデ


f0121786_22105796.jpg


うちの長男、ぶっちぎりでトップを激走中!!
ではなく・・・いや、トップを激走中なのは間違いないけど、150m走で50mハンデを貰ってのもの
ちなみに75mm地点で抜かれて、50m遅れでゴールしました。
100mハンデを貰えばゴールで鼻差の勝負だったかも

順位を付けること、ハンデを付けてまで走らす事に異論がある方もいるかもしれない
でも僕はこれで良いかな・・・と思っている

家の長男もそうだけど、自閉症者の中には超が付くほどの不器用な人がいる
運動が極端に苦手なのも、そのせいだと思っている
だから、みんなと運動会を楽しく過ごすためにハンデを貰った
組体操も簡単に支えれるところだけ参加しました
でも、玉入れでは籠の付いた棒を必死で支えていたし、障害物競走のハードルの係とかお手伝いを頑張っていました

出来る事は頑張らせて、出来ない事は他の人に頑張ってもらって、少し出来る事は少し頑張ってもらう
それで良いんじゃないかな・・・と
[PR]
by A_J_Pacile | 2010-09-20 22:29 | 自閉症 | Comments(4)

画像クリックで拡大します


by A_J_Pacile
プロフィールを見る
画像一覧