適材適所

f0121786_2127610.jpg



マイクロ3/4用レンズとしては明るい中望遠レンズMZD45mmF1.8
このレンズを使ってもボケ量が足りないと感じるシーンが少なからずある
周辺減光の少なさは長所でもあるが短所でもある

例えば今日の画だと背景ボケはもう少し大きい方が好みだし、画面の周辺までしっかり写り過ぎてると思う
85mmのプラナーで絞りを開け気味で撮った方が雰囲気が出ると思うので、時間をみて再度撮りに行こうと思っている

デジタルはマイクロフォーサーズでいいや・・・と思っても、ボケが欲しかったり周辺減光したほうが雰囲気だったりするからさ
まぁつまり適材適所ってわけだが、いわゆるフルサイズ機がもっと小さく軽ければ全て解決なんだけどな
[PR]
Commented by mutuki-w at 2013-09-28 15:05
私もですが、「サイズ」問題は常に付きまといますね。

山に持って行くのは「どうせ絞っちゃう」と言い聞かせて、
小さなフォーマットのカメラを持ってゆくと...

レンズの大きさも含めて、かつてのOMシリーズの大きさに
なれば確かにすべてが解決。

個人的にはAPS-Cで対フルサイズ比1段明るく4割
位小さなレンズでお願いしたい。

むりなんかなぁ...
Commented by A_J_Pacile at 2013-09-28 22:42
mutuki-wさん

ライカM9なんかはそんなに大きくも重くもないよね
あれで良い・・・と言うか、あれが良いのですよ
大きくなった最大の要因はデジタル化じゃなくて、AFとAE、それから自動巻き上げでしょうか
それが無ければF3デジタルが出来ます・・・よね
当然OM-4Dも出来るはず
by A_J_Pacile | 2013-09-27 21:45 | | Comments(2)

画像クリックで拡大します


by A_J_Pacile
プロフィールを見る
画像一覧